今日の健康情報(薬剤師のつぶやき)


「タミフルの予防的服用」 周囲の状況も連絡を − ワクチンばっちりのコロ小太郎
週明けの昨日は、朝一番からインフルエンザばかりでした。

ちょっと様相が変わって・・・
子供さんが多くなりました。

幼稚園、小学校で爆発したようです。


また、例年と違うのが・・・
今年は、ご高齢の方もいて
ワクチンをしたのに・・・という声も聞きます。
(例年は皆無)

それでも あまり苦しそうな感じの人はおらず
ワクチンにより重篤になるのは抑えているかと思います。




今日は、インンフルエンザ特集 「タミフルの予防的服用」です。

インフルエンザの予防は、ワクチンですが、
限定された人にですが、タミフルなどでの予防法が報告されています。


タミフル、リレンザの添付文書には、

「2.予防に用いる場合には、原則として、インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の者を対象とする。

(1)高齢者(65歳以上)
(2)慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者
(3)代謝性疾患患者(糖尿病等)
(4)腎機能障害患者」
と報告されています。

(通常のインフルエンザの治療には1日2回の服用であるが、)
予防には1日1回と報告されています。

インフルエンザの治療は、いちど完治すると同じタイプのウイルスには同じ流行期には発症しません。
しかし、予防では服用を止めると、予防効果はなくなると聞きます。


*保険医療は、基本的には予防はありません。
 そうすると安い保険医療で予防医療(人間ドッグなども)を誰もがすれば、国の保険財政は更に悪化 からかと・・
 非常に弱い方、重篤の危険のある人だけにインフルエンザの予防が認められているということだけ思います。


また、論文では、
「検査結果が陰性でも、周囲の流行状況からインフルエンザが疑われたら、抗インフルエンザの治療を開始するべき。」
と言われています。

これは、医師の判断となります。
患者さんは、症状とともに周囲(家族、職場、学校等)のインフルエンザの流行り状況もご連絡されて、よくご相談されて下さい。

ご参考下さい。




携帯、ドコモ・auスマートフォン版「お薬相談の部屋」サイトの

「健康情報の部屋」には、

過去の「健康情報」を記載しています。




ドコモスマートフォン版では、ワード検索できます。

「タミフル」「インフルエンザ」などについて検索されて下さい。





お薬のご相談もお待ちしています。

(飲み合わせなども・・・)







☆彡


コロも小太郎も
動物病院さんからはがきが来て、すぐに予約・・・
(インフルではありませんが) ワクチン いつもばっちりです。




以上








2015/01/20



薬剤師のつぶやきリスト

「お薬相談の部屋」サイト終了・・・ありがとうございました。

今日の健康情報「インフルエンザウイルスと湿度」 8度と70% ー スクワット中は仲のいいコロ小太郎

「タミフルを午後1時頃飲んだのですが・・」

「抗インフルエンザの種類」 効き目・飲みやすさなど考慮 − テーブルの惣菜・・したたかなコロ

「最近の薬局状況」 インフル ピーク過ぎたよう?・・だが 

「14時でのタミフルの飲み方?」 ー 相手のご飯が気になるコロ小太郎

「体質改善で花粉症対策」 今年は火山灰も 

「インフルエンザでの自宅療養」 5日間待機 − 事件発生・・大衆の?目前で大胆なコロ

「タミフルは食直後の服用がいいですか?」 − 食べ物には鋭い視線・・薬嫌いのコロ

お薬雑記帳 薬剤師のブログです。お薬の話や食べ物の話など話題満載です。
お薬雑記帳 今日の健康情報、愛犬コロ、小太郎の話などを書き綴っています。